情報発信

【塩江】振り返り

塩江町地域おこし協力隊の淵崎です。

こんにちは。
7月が終わると、協力隊になって一年になります。
早かったような長かったような。
きついこともありましたが、
楽しく過ごせたと思うし、
私は塩江が好きになったし。

人口減少が大きい町に飛び込んでいく、この協力隊制度。
任期もあったりと、リスクもある制度。

でも、私は塩江に来てよかったと思っている。
塩江の自然も好きだし、やはり、人が良い。
住みたい理由はそれだけで十分。

この人口の少ない町で、仕事を興すことは、
非常に難しく、他の隊員も同じ思いを持っています。

私は、残り任期が1年と8か月。
この残りの1年八か月の人生は塩江にあげようと思っています。
そして、今後、入ってくるであろう後輩が
塩江で動きやすい土壌作りもしっかりしておこうと。

任期後はどうするの?
と聞かれることもしばしばありますが、
回答出来ません。
だって、何も考えてないんです。
塩江がPRできれば、
それでいいと思っているし、
まだまだ若い(?)。

この1年は、本当に皆さんに支えてもらった一年。
町民アンケートから始まり、プレゼン大会、
小学生との農業体験実施、そしてスプリングフェスタ。
その他にもたくさんの出会いがあり、
思い出が詰まっています。

残りも楽しんで全力でやっていきますので
よろしくお願いしまーす!

淵崎

160706-2 160706-3 160706-4 160706-6 160706-7 160706-9 160706-10 160706-11

コメントを残す

*