情報発信

【男木島】地域新聞「男木と献立」を創刊しました

男木島の地域新聞「男木と献立」の、第一号ができました。

男木地区コミュニティ協議会と、地域おこし協力隊の共同発行です。

<表>

<裏>

第一号となる今回の内容は、春をむかえた男木島での日常と、
オープンな人柄で島民から慕われる臼井校長先生のインタビュー、
島民や島外の方々に教えてもらった、3つのよもぎ料理。

島民への配布のほか、男木交流館の入り口付近にも設置していますので
お立ち寄りの際はぜひ手にとってみてください。

小学校の壁新聞のような手作り媒体ですが、発行にあたり、たくさんの人のご協力をいただきました。
「校長」という仕事への向き合い方から、プライベートなお話までたっぷり聞かせてくださった、男木小中学校の臼井校長先生。
男木から封筒に詰め込んで郵送したよもぎで、お洒落なクッキーのレシピを考えてくれた、あさぬまゆみさん。
昔ながらの、体が元気になるよもぎ料理を教えていただいた、あいこさんとはじめさん。
インタビューの質問を一緒に考え、実施までサポートいただいた、西田さん。
その他、情報提供やアドバイスをくださったみなさん。
本当にありがとうございました。

今後、2ヶ月に一度くらいの発行を予定しています。

男木の季節の素材を使ったレシピ開発など、何か一緒に考えてくれるという方、
またはこの新聞をどこかに置いていただける方がいらっしゃれば、とても嬉しいです。

島内外のみなさんと一緒に作る地域新聞「男木と献立」を、今後ともよろしくお願いします。

by. ogi to kondatte

コメントを残す

*