情報発信

【豊島】今月の「地域おこし協力隊と話そう!意見交換会」

今月の「地域おこし協力隊と話そう!意見交換会」では、今年度の活動報告と来年度の活動予定をお話しさせて頂きました。

今年度の反省点と課題として、行政や地域が協力隊に求める仕事と私自身が目指している活動が一致していなかったこと。島の集落を超えた仲間作りが思うようにできなかったこと。などを挙げました。島の方たちともっとコミュニケーションを密にとりながら活動の方向性を合わせ、一緒に活動する仲間を少しずつ増やしながら進めていきたいと思っています。

来年度の活動予定としては、「芸術期間中、食事の提供を通して豊島の豊かな食を伝えること」として食のプロジェクトについて説明。また「てしまの豊かな暮らしプロジェクト」では、休耕地を活用して豊島の食に欠かせない大豆作りや、草木染めの材料の植物を育て暮らしに必要な道具をつくることにより、循環型の暮らしを提案することなどをお話ししました。

島民の皆さんからは、「多岐にわたる活動をもっとしぼった方がいい」、「島全体のこと、観光のことをもっと考えるべき」などいろいろご意見頂き、とても有意義な会でした。参加して下さった皆様、ありがとうございました。ご意見を活かして来年度の活動も頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いします^^☆

160324-2

コメントを残す

*