1/27合同募集説明会

【三豊市】財田地域のみなさんと地域おこし協力隊を受け入れるための打ち合わせを行いました!

香川県地域おこし協力隊コーディネーターの秋吉です。

11月20日三豊(みとよ)市財田(さいた)支所で地域おこし協力隊導入に向けた打ち合わせを行いました!!

財田地域のみなさんは、すでに何度か打ち合わせを重ねていて、今回はお邪魔させていただき、改めて地域おこし協力隊の概要や募集に係るポイントについて共有させていただきました。

この日集まってくださったのは、次のみなさま。

どの方もとっても地域想いのすてきな方々です。

まずは秋山さん

「財田の人はみんな優しいから、地域おこし協力隊の面倒も見てくれるんちゃうんかぁ」とお話している秋山さんの表情が、一番優しそうだったのが印象的でした。

こちらは図子(ずし)さん

タブレット片手に打ち合わせに参加するほど、SNSを上手に使いこなしていらっしゃいます。

いつもさぬきの輪WEBの記事もシェアしてくださってありがとうございます!!!

続いて、神原(かんばら)さん(三豊市政策部田園都市推進課)。

「地域のことは地域でなんとかするという取り組みが第一。地域おこし協力隊はスーパーマンちゃうんやから」

さすが、色んな地域おこし協力隊の事例を勉強されているだけあって、地域おこし協力隊の本質的な部分を分かってらっしゃる。

こうした事前の共有があると、地域おこし協力隊が入ってからのギャップを少なくすることができるので、とっても素晴らしいと思います。

こちらは、まちづくり推進隊財田(さいた)の大西事務局長。

三豊市はこの「まちづくり推進隊」がとっても盛んで、地域のみなさんがみなさんの手でまちづくりを進めています。

こうした団体さんが身近にいらっしゃるっていうのは、協力隊にとってもすっごくいい環境ですね。

まちづくり推進隊とは、自主的に地域コミュニティ活性化のために活動する、三豊市の認定を受けた組織のことです。
まちづくり推進隊は、行財政改革により生み出された財源の一部を、三豊市から交付金として受領し、活動を行っています。
三豊市HPより)

最後はこちら、大石さん(NPO法人まちづくり推進隊財田事務局職員

三豊が好きで、ご家族と共に関東から移住。

まちづくり推進隊のお仕事を通じて、地域づくりにも関わっています。

「もっとこうなれば三豊が魅力的になるってところがたくさんあるので、地域おこし協力隊の方と一緒に取り組めたら嬉しいですね」

地域おこし協力隊にとっては、すっごく頼れる先輩移住者になってくれそう。

今回は、協力隊のイメージを共有したり、「三豊だったらどんなことができるのか?」といった導入に関する入り口の部分を話し合いました。

これから少しずつ詳細を詰めていき、協力隊のみなさんを受け入れる準備を整えていくそうです。

こうした丁寧に準備に取り組む姿勢は、地域おこし協力隊との連携体制や信頼関係づくりには欠かせないポイントです。

新しいことにチャレンジするのは大変ですが、新しい仲間を気持ちよく迎え入れるためにも、頑張って準備に取り組んで行きましょう!!!

◆香川県内地域おこし協力隊合同募集説明会「人で見つける私の地域」in東京

 

コメントを残す

*