環境

【塩江町】塩江探検その1 西谷八幡神社//Exploration of Shionoe vol.1 Nishitani Hachiman Shrine

 塩江町の北西に位置する西谷に行ってきました。国道193号線、お稲荷さんが美味しい谷岡食堂の先を右折すると西谷に入ります。入ってすぐの公園の脇にある蓮は今が見頃、大輪の花を咲かせていました。そこからもう少し先に進むと西谷八幡神社があります。鳥居と御旅所が道路を挟んで向かい合う形になっているのですが、そこから本殿まで道がスッと上がっていて、異界の神様の通り道が見えるようです。気持ちのよい風に迎えられて階段をあがると由緒ある灯篭と狛犬が迎えてくれます。鮮やかな苔に包まれた基礎と本殿の飴色が美しいコントラストでしばらく魅了されていました。

 町史によると創建は1235年、讃岐に配流された崇徳上皇に従ってやってきた美濃守保成の孫の保行が建てたそうです。その後2度の改築を経て今に至ります。

 私(村山)が香川に興味を持ったひとつのきっかけは、辻邦生著『西行花伝』の中で魅力的に描かれている崇徳上皇の没した地としての讃岐でした。塩江には直接関係がないと思っていましたが、崇徳上皇に付き従った古人とのえにしを発見し、塩江の歴史に眠る息遣いを近くに感じることのできた来訪でした。

 帰りしな、登ってきた階段を見下ろすと寄進された方々の石碑と木々が両側に見送るように並んでいることに気づきました。寄進者の名前を読んでいくと、塩江の至るところから、寄進が集まっています。土地と人がこのようにつながる場所がまだあることに一抹の喜びを感じて、神社を後にしました。

 秋にきたら紅葉が綺麗なのかな。

 (このシリーズは塩江初心者の村山がぶらぶらと塩江の名所などを探検していくシリーズになる予定です。不定期更新!)

 

Exploration of Shionoe
vol.1 Nishitani Hachiman Shrine

I have visited Nishitani, north west of Shionoe area. Going south on National Route No. 193, turn right just by the restaurant called Tanioka Shokudo, which is famous for delicious Inari Sushi, then you are now in Nishitani. In this season, there are beautiful lotus flower near a park which is near from the crossroad of the route. Near by the park, there is a shrine called Nishitani Hachiman Shrine. 
Acrossing the road, Otabisho (the station of deities) and Torii (the gate of deities) make a straight way towards the shrine itself. It is not uncommon in Japanese shrine, but here I felt that we can really see the way of deities as if the monuments reveal the world of spirits. Going up with welcoming fresh breeze, you can see the shrine with elder Tourou (religious torch) and Komainu (Japanese gargoyle). The contrast of fresh green mossy basement and caramel coloured architecture was so beautiful that I lost a track of time.
According to the Town History, this shrine was founded in C.E. 1235 by grandson of the companion with Sutoku Emperor who have been exiled from Kyoto in 1156.
In my home way, I realized there were many stone monuments which were built for contributors of the shrine. Reading the names of the contributors, I have been surprised that so many people around Shionoe area have contributed to this Nishitani Hachiman Shrine. I felt a grasp of happiness by knowing such place where a soil and people connected with the strong bond throughout the long history.
Foliage might be red and beautiful in the Autumn.

コメントを残す

*